ロードバイクをどのように購入するのが良いか

人それぞれ体のサイズが違います。ですから、体にぴったり合わせようと思ったら、多くのものから選んだり、場合によっては特注をしてもらうということになります。洋服においては、フルオーダーはよくあることになりますが、その他のものについてはなかなかフルオーダーはできにくいものです。そうは言っても、ある程度体に合わせておいたほうが良いということになるでしょう。椅子や机などは、自分の体にあっていないと姿勢を悪くしてしまうことがあります。高さなどを適度に変えることができるようにしておくことで、調節をすることになると思います。

一般的な自転車であればあまり気にすることはないのですが、ロードバイクといった場合は体のサイズも気にして購入したほうが良いということがあります。人においては、腕の長さ、胴の長さ、そして足の長さがあります。自転車に乗るときには、それぞれにおいてバランスが取れていないといけないということです。もしフレームが短いとなると、体の一部を折りたたまなくてはならなくなります。一方長くなっている場合は、体をいっぱいいっぱいに伸ばさないといけないということになります。コントロールがしにくくなるので、あまり良いことではないということです。そこで買い方の一つとしては、まずはセミオーダーという方法があります。これはパーツごとに購入するというものです。まずは体にあったフレームを探すことになります。プロ選手になるとフレームも一から作るということになるでしょうが、一般の人であればそこまではできないと思います。ある程度体に合ったものから選ぶということになります。そのあとハンドルであったり、タイヤ、クランチなどを選択していくことになります。ハンドルやクランチなどは細かく設定されていますから、その中から体に合うものを選べば、より体にフィットしたものを選ぶことができます。セミオーダーになるとどうしても高くなるということがあります。

そこで完成車から探すということがあります。一般的な自転車屋さんだとあまり数は置いていないですが、最近は専門に扱っているところが多くなっています。そちらであれば、自分の体にある程度フィットする自転車を探すことができます。一般的な体型ということであれば、探すことができると思います。特に腕が長いとか、胴が長いということがなければ、そちらでも十分んです。価格も数万円ぐらいのものから選ぶことができますから、一般車と同様に買うことができます。